あの頃私は若かった…失笑!研修体験談

泊まり込みの研修でお酒を飲み過ぎ、大失敗

大学を卒業して大手のエンジニア系企業に入社したのですが、入社式を兼ねて行われたのが、泊まり込みの研修でした。

山奥にある施設に泊まり、そこでエンジニアとしての心構えや、社会人としてのマナー、そして新入社員同士の親睦を深める意味での研修です。
1泊2日で、当然のことながら夜はお酒を飲み交わすわけです。そこで私は初対面の同期の人達と意気投合してしまい、お酒をガンガン飲みました。ビール、日本酒など、もうザルのように飲んでしまい、そのまま眠りにつきます。

そして次の日目を覚ますと、もう完全に二日酔い状態です。研修がスタートしても気持ち悪さが取れず、何度かトイレに駆け込んでしまいました。研修を担当していた先輩社員の方からも白い目で見られてしまい、本当に大失敗でしたね。

泊まり込みでの社内研修と言えど、仕事中であることに違いはありません。お酒には十分注意しようと実感しました。

研修時の失敗は、その後必ず役立つものです!

社内研修の時にお酒で失敗した私は、大切な仕事がある前日には「絶対お酒を飲み過ぎない!」と心に誓いました。
会社の同僚と飲みに行った時でも、合コンがあった時でも、次の日仕事の場合はビールや焼酎であれば2杯まで、日本酒であれば1合までというルールを設定しました。

上司や先輩にお酒をすすめられた時でも「明日大事な仕事があるので・・」と申し訳なさそうに言えば、「そうだよな~」と言って解かってくれます。それどころか「仕事に対して責任感がある」と上司から一目置かれるようになりました。

その会社では7年ほど勤めましたが、お酒で失敗したのは社内研修の時だけです。その後は1度も、お酒が原因で失敗したことはありません。
社内研修の時の失敗は、その後の仕事や生活において必ず役立つものだと思います。