こんなのあり?今年入社のトンデモ新入社員…

もはや常識が通用しない!?とんでもない新入社員

春になると新入社員が一気に入ってきますが、中にはあり得ない事をやらかしてしまう「トンデモ新入社員」が潜んでいる事が少なくありません。
一体どういう思考回路になっているんだろう、と怒りを通り越して不思議に思ってしまうことすらあります。

新入社員のB君は仕事開始の5分前にオフィスに電話を入れたと思いきや、「15分ぐらい遅れても大丈夫ですよね?」と言ってきました。
もう完全に仕事を舐めているとしか思えません。

そして出社後に説教すると、「先輩、マジで怖いんですけど~」と言ってクスクス笑い出し・・・。もうB君には、何を言っても通用しないのかもしれません。真面目に接している自分がバカみたいです。

ある意味B君は、最強かもしれないと思いました。

一体なぜ採用したの?と突っ込みたくなる新入社員達

B君のような新入社員を見ると、「一体なぜ採用してしまったの?」と人事部に突っ込みを入れたくなります。

このため人事の同世代の社員に話を聞いてみたところ、面接だけではどうしても見抜けない部分があると話していました。そもそもB君は受け答えがしっかりしており、印象が良かったので即採用になったとのことで・・。本当に驚きです。おそらく猫をかぶっていたのでしょう。

またこの年は新卒の応募が少なかったとのことで、ちょっとハードルが下がっていたのかもしれません。

とんでもない新入社員が入ってくると、職場にとっては大きなダメージになり兼ねません。余計なストレスも増えてしまいます。

新入社員を採用する時は、一人ひとりの本当に姿をあぶりだすことが重要だと痛感しました。