こんな研修あり?!みんなビックリ!わが社の社員研修

社員研修の内容に工夫をしよう

社員研修を意義のあるものにするため、研修の内容に工夫をすることがとても大切です。例えば、ビジネスマナーや日々の業務に関する指導だけでなく、外部から様々な経験を持つ講師を招くことで、社員の仕事に対する意欲の向上につながることがあります。また、最近では所属先の異なる社員のコミュニケーションの活性化を目指すうえで、社員研修の一環としてグループワークを取り入れる企業が増えています。こうした取り組みは、先輩や同期と良好な関係を築くチャンスとして期待が高まっています。その他、研修の計画を立てるにあたり、人事の担当者だけでなく、様々な部署の管理職や現場のスタッフから聞き取りをすることで、より多くの社員が関心を持ちやすいテーマを選ぶことがポイントです。

実用性の高い研修を取り入れる方法

社員研修の機会を利用して、ビジネス英語や企業法務、営業トークなど、日常の仕事に役立つ知識を得られる企業については、多くのビジネスマンの間で関心が高まっています。特に、キャリアアップを意識して働ううえで、資格試験に関する研修が行われている企業を選ぶ人も少なくありません。最近では、研修の内容が優れている企業の取り組みについて、ビジネス誌や就職情報誌などで詳しく特集が組まれることがありますが、転職希望者や新卒の学生を中心に注目が集まっています。また、研修の効果を継続的に測定することで、社員が興味を示しやすい研修のカリキュラムを組むことが出来ます。その他、仕事の能率を高めるうえで、新人や中途採用者、管理職などの他、中堅社員の研修に力を入れることが効果的です。